ドイツワインとの共通点も?アルザスワインの基礎知識・特徴

アルザス

アルザス地方・アルザスワインの特徴

フランス北東部の、ライン川を挟んでドイツとの国境近くに位置するアルザス地方。年間雨量が極端に少なく、日当たりが良いことに加えて、標高が高く寒暖の差が激しいため、フランスの他の産地と比較すると収穫時期が遅めです。全体的にアルコール濃度が高く、濃厚で凝縮されたワインに仕上がる傾向があります。

文化的にもドイツの影響が大きいアルザスワインは、ブドウ品種やボトルの形などにドイツワインとの共通点が多く見られます。フランスワインの中でも個性が際立っていて、数多くの素晴らしいワインが生産されています。

ルザス地方で生産されるワインの9割以上は白ワインで、大半は辛口。単一品種での醸造が基本で、緑色の細長いフルートタイプのボトルに瓶詰めされ、品種名が記載されます。また、自然派の生産者が多いこともアルザスワインの特徴として挙げられます。

代表的なブドウ品種

アルザス地方では、主に白ワイン用のブドウ品種が栽培されています。

ジュン
ここからは、アルザス地方のワインによく使われる代表的なブドウ品種をご紹介していきます。

白ワイン

●リースリング
アルザス地方で最も多く栽培されている主要品種で、涼しい気候と痩せた土壌を好みます。シャルドネに匹敵する、高貴な白ワインを生み出す長期熟成のポテンシャルがあります。エレガントな香りとしなやかな酸味、ミネラル感が特徴です。

●ピノ・グリ
ブルゴーニュ地方原産で、ピノ・ノワールから派生したピンクがかった灰色の果皮をしています。他の白ワインよりも色が濃く、レモンイエローの輝きが印象的です。豊かなボディと芳醇な香りで、酸味とコクのバランスの良いワインに仕上がります。

●ゲヴュルツトラミネール
冷涼なエリアを好む品種で、果皮は淡いピンク色です。グラスに注ぐと、ゴールドがかった黄色に見えます。アルザス地方では辛口ワインや貴腐ワイン、極甘口ワインに使われています。エキゾチックで華やかな香りが印象的で、酸味は少なく甘さやコクが際立ち、厚みのあるワインに仕上がります。

●ミュスカ
地中海沿岸エリアが原産とされる、マスカットの一種です。とても繊細なブドウ品種で、病害に弱く栽培が難しいとされています。甘くフローラルな香りが特徴的で、アルザス地方では主にフレッシュな早飲みタイプの辛口ワインに使われます。

●ピノ・ブラン
アルザス地方発祥で、ピノ・ノワールから派生した品種の一つです。フルーティで爽やかな柑橘系やハーブなどの香りと、強い酸味、程よい苦みがあり、しっかりとしたコクのあるワインに仕上がります。

●シルヴァネール
オーストリア原産で、柑橘系フルーツやハーブのような繊細な香りと、強い酸味が特徴です。アルザス地方では、フレッシュで爽やかな辛口ワインが造られています。

赤ワイン

●ピノ・ノワール
アルザス地方で使用が認められている、唯一の黒ブドウ品種です。アルザス地方では昔から、軽やかなボディでタンニンがやわらかい赤ワインやロゼワインに使われてきました。

1分で読める!赤ワインの基本・おいしい飲み方を最短で解説

2019.12.06

まとめ

ドイツワインとの共通点も多いアルザスワインは、ラベルにブドウの品種名が書かれているので、初心者でも好みの味わいのワインを見つけやすいです。

品種の特徴を活かした、個性豊かなアルザスワインをぜひ味わってみてください。